HIVとエイズ、性病について。

  • 投稿日:
  • by

HIVは、ヒト免疫不全ウイルスのことを意味し、正式名称はHuman Immunodeficiency Virusといいます。

このウイルスが身体の免疫を司る重要な細胞に感染することによって、世の中に存在する様々な免疫系の病気に感染しやすくなってしまう状態のことをエイズといいます。つまり、自分を守ってくれるはずのガードマンが弱ってしまうがために、攻めてくる敵から自分を守ってくれなくなってしまうということですね。

こうなってしまうと、本来は命に関わるほどのものでもない病気が、重大なものになってしまうことも考えられます。だから、そうならないように普段から避妊具などを使用することで感染を防がなければならないのです。

性交渉による感染が一番多いと言われています。妊娠するということも重大な問題ですが、こういった疫病にかかってしまうことが何よりも危険なのです。HIVは人間の体液に多く含まれているので、涙や血液、尿などから感染することも。

人の血に触ってはいけない、口にしてはならないといわれているのは、こういった感染経路を遮断するために言い伝えられているのです。

今一度、エイズの危険度を再確認し、雑な性交渉をしていないかなど、日常生活を顧みる必要があると言えます。