従来までの回線契約からそのまま使える場合も

  • 投稿日:
  • by

工事をしなくてもいいケースが、ドコモ光の場合は多くあるとされています。工事を行う場合、工事を見ていなければならない人が必ず出てきますし、工事の期間まで導入することはできません。つまり導入したいと思っても、そう簡単に利用できない状況になってしまいます。しかしドコモ光の場合、工事をしなくても入れられるので、転用という扱いにすれば問題なく導入できるでしょう。
この場合は、機器の変更を要求される場合があります。最終的にネット回線を提供するルーターなどを変更して、その上で機器設定をしているだけで完了します。たったこれだけでドコモ光を利用できるので、非常に手間がかかりません。これまでフレッツ光などを使っていた方が、転用という形でドコモ光に入っている場合もあります。
そのまま使える可能性もありますので、工事を考えているくらいなら、しなくてもいい海鮮を考えたいところです。ドコモ光にすることで、工事の手間が省ける場合もあります。

ドコモ光